スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井の頭動物園&鉄道博物館

暖かくなりましたね~。
家の庭のコブシの花も一気に咲き始めました。
先日は道路を横切って行くカエルの姿も見かけて、春の訪れを実感してます。

この週末は、大雨だった金曜日から一転してとても良いお天気だったので、家でじっとしているのはもったいない!と、急遽出かけることにしました。

土曜日は午前中家事に追われて、出かける準備ができたのが午後だったので、近場の井の頭公園の動物園へ。
おばちゃんを誘って自転車で行ってきました。
敷地は広くないし、大型の動物もほとんどいないこじんまりとした動物園だけど、それでも結構珍しい動物がたくさんいて、ほんの2~3時間で楽しみたいときにはうってつけの場所なのです。
昔懐かしい遊園地もあるし、ジャングルジムや滑り台などの公園遊具もそろっているし♪
動物を観察して、乗り物に乗って、公園で遊んで、たくさん歩いて、外の空気をいっぱい吸ってから、また自転車で帰りました。

そして日曜日。
今度は少し早めに支度をしてちょっぴり遠出することにしました。
大宮に昨年オープンした鉄道博物館。
以前は、東京駅の近くに交通博物館という名称であったものが閉館して、大宮に新しくできたのだそう。
電車を2回乗り継いでのちょっとした長旅で、男の子2人プラスお腹の子を抱えて、私一人で行くのは大変だったのだけど、混雑した電車内でも親切な人に巡り会えて、席を譲って頂いたりしたので比較的楽に行かれました。
途中、いろいろな新幹線とすれ違ったりして、それだけでアキは大喜び。
サス君もおとなしくしていてくれました。

博物館は、週末だったのでかなりの人であふれていました。
私たちのような家族連れはもちろん、いかにも鉄道マニアっていう雰囲気の方も(笑)
でも博物館自体もすご~く広いので、混んでいる中でも十分に楽しめました。
予約(整理券)が必要なタイプのアトラクションはさすがに完売だったし、予約のいらないミニ新幹線やシミュレーターなんかは待ち時間が45分以上のものばかりで、あきらめざるを得ませんでしたが…。アキはちょっとがっかりしてたなぁ。今度来るときは空いている日をねらってこないとね。

歴代のさまざまな機関車や電車が展示してあるところだけでもものすごい迫力。
子どもたちは大はしゃぎでした。
railwaymuseum.jpg


steamengine.jpg

展示品も、体験できるタイプのものが数多くあって、電車が動く仕組みとか、信号機の仕組みとか、面白くわかりやすく説明されていたようです。

お昼ごはんも館内のレストランで食べて、キッズコーナーでしばしプラレールで遊び、最後にお土産も何とかゲットして、夕方4時頃帰路につきました。

帰る途中、大宮駅での乗り換えでアキとはぐれてしまってひと騒動(汗)
母親歴約8年になりますが、初めて放送で呼び出されてしまいました…。
ここでも親切な方が、アキが一人でいることに気づいて鉄道警察の詰め所まで連れていって下さって、駅の構内放送で呼び出してもらったのでした。
子どもを巻き込む嫌な事件ばかりが耳に飛び込んでくる昨今、このような親切に触れるとちょっとほっとします。
ただラッキーだっただけだとは思いたくないですね。たぶん、大方の人は善良で親切は人なんだと思います。でも、無事に会えたことには本当に感謝です。
人ごみではぐれないような歩き方、改めてしつけしないといけないなぁと反省してます。

そんなこんなで、盛りだくさんの週末でした。
たくさん歩かせて疲れさせたせいか、今日はなんとか学校に行ったアキも、夕方から熱を出してます(笑)
もうすぐ3学期も終わりだからね~。一晩で下がってくれるといいのだけど…。

と、オチがついたところで今日はここまで。
スポンサーサイト

いろいろあっても家族だから

今日は旦那の妹の話。
旦那は5人兄弟の一番上で、妹、妹、弟、妹と続いているんだけど、このうちの一番上の妹に赤ちゃんができたっていうビッグニュースが飛び込んで来た。
彼女は日本に2年間来ていたことがあって、私たち家族のすぐそばに住んでいろいろと持ちつ持たれつ助けあって生活していた人。
私が修士論文の仕上げで忙しいときから来てくれて、そのあともアキの世話を手伝ってくれたりしたのでアキはよくなついているし、何より子どもが大好きな人で今も仕事は保育士だ。
年は私と1ヶ月違い。同じ年齢でほぼ同じ時期に妊娠期間を送ることができて、やっとアキとサス君にもいとこができる上に今度生まれてくる子とは同い年のいとこ同士。私もワクワクしているところ。

だけど手放しで喜べない事情もある。
というのは、どうやら彼女はシングルマザーの道を選択しなければならないのだ。
ちょうど付き合っていた彼との関係がぎくしゃくしてきたのが年末頃からで、2月に入って旦那のところに「彼と別れた」という報告があった。
そして、彼女が妊娠していることに気がついたのがその翌日だったのだって。
別れたばかりの彼に伝えると、彼は動揺して、結局「堕ろしてほしい」と言ったらしい。
彼女にはありえない選択肢だった。家族の中でも一番熱心に教会に通うクリスチャンで、日本にいた頃もきちんと教会に行っていたし、何より子どもが大好きだし、年齢を考えても授かった命だから産んで育てたい。彼女にはそれが当たり前の結論。
彼の態度は彼女にとってはとてもショックなものだったと思う。私と旦那も、いわばデキ婚で、お互いに結婚を意識して付き合っていたとはいえ先に妊娠してしまったので、旦那の決断は私たち夫婦の現在につながる大きなものだった。実の兄がそうして来たのをよく分かっているから余計に彼の態度を受け入れるのが辛いだろう。まあ、いい大人同士のつき合いで起きたことだから、だれかを一方的に責めるつもりはないし、私は彼のことをあまり良く知らないから意見できる立場ではないしね。

それにしても皮肉なもの。
だって、2人が別れる理由になったのが「子どもが欲しいかどうか」っていうことでケンカしたことなんだって。しかも、彼女はPMSが重いのもあって、ずっとピルを飲んでたんだよね。それが、ちょうど胃腸風邪にかかって下痢が続いていたせいで、薬が効いてなかったときに妊娠してしまったらしい。
人生ってそんなものかしらね。なんだかため息出ちゃう。

幸い、両親も含め、家族はみんな彼女のことを応援しているし、新しい命を迎えられるのはいつでもすばらしく幸せなことだし、私も家族の一人として、同い年の友人として、一緒に支え合っていけたらいいなぁと思っている。
両親も喜んでいると思うわ。自分の娘が子どもを産むって、やっぱり何か特別なものがあると思うから。

そんなわけで、来月早々旦那一人で1週間ほど帰省することが決まった。今後のことをいろいろと相談してこようってことで。
どんな方針でいくことになるかはわからないけど、我が家でできることはできるだけ協力するつもり。これまでいっぱいお世話になってきた分もあるしね。
ものすごい大家族になっていきそうな予感がしてきたわよ♪

Valentine's Day!

Happy Valentine's Day!

いやはや、女の子にとって胸キュンドキドキの今日ですが、皆様どんな風に過ごされましたか?
我が家では、いよいよ時代は子ども同士のやりとりへと移ってしまった。
私なんかは胸をときめかせるようなことはとうの昔になくなりましたし、旦那と結婚してからというもの、バレンタインは「お互いに」愛を伝え合う日であって「女性から男性へ」という一方的なものではなくなっています。
下手すると、旦那にプレゼントを用意するのをすっかり忘れ、「今年はうちの旦那は何かしてくれるのかしら」と逆に一方的に期待しているくらいのもので・・・。

で、今年あたりから主役の座はうちの長男アキに譲られた感じです。
まあ、一応欧米的な文化も半分取り入れた環境で育てているせいか、アキ自身はバレンタインに女子からもらえるかどうかってことを意識してソワソワしている風ではなく、むしろ「自分もチョコレートを作ってだれかに渡したい」くらいの勢いなわけで。何しろ作るのが大好きな子だから、お菓子作りにも全く抵抗がないんだよね。
この3連休では、同居中のおばちゃんが材料と道具を買い込んで来てくれて、早速ハート形のチョコレート作りに挑戦してました。
そして、昨日は夕方から再びチョコレート作り。今度はプレゼントにするための本番用。一度練習していた分、かなり手際も良くなっていて、それはそれはなかなかのできばえでしたよ。
誰にあげるのかって? これが笑ってしまうのだけど、メインはばば。
ばばが「欲しい」ってリクエストしたのです。
決してクラスの女の子とか近所の女の子とかの名前は出てこないんだなぁ・・・。その辺はまだまだなんだね。

そして迎えた今日。
昨日の夜のうちに、幼稚園の頃から一緒だった女の子のママからで、「学校が終わったら自宅まで届けにいくわね♪」との連絡。
ほぉほぉ。幼稚園の頃まではありそうでなかったことが、今年からは現実のものとなったか~、と妙な感慨を覚えたりして。
朝見送るときにはお向かいに住んでいる女の子が紙袋一杯に用意した「義理チョコセット(笑)」を近所の男の子全員に配ってました。紅一点で大変なのよ、彼女は・・・。毎年やるつもりかしら・・・と余計な心配をしてみたり。
お昼近くになったら、今度は自宅に。クラスが一緒の女の子のお母さんで、「娘に頼まれたので今から届けに行ってもいいかしら?」おおおおぉ、アキ、なかなかやるでないの このお母さん曰く、「今日はたくさん持って帰ってくるかもしれませんよ~。モテる男の子はお返しも大変かもしれないわね」それはあんまり考えてませんでした・・・
そして、夕方、昨夜の予告通りに幼稚園から一緒だった女の子がママと一緒に手作りのを届けてくれました。家の前でハグなんかしてくれちゃったもんだから、その場にいた近所の男の子たちにからかわれちゃって、アキはすぐに家の中に引っ込んじゃいました。

その他、おばちゃんからももらったし、一応ママからももらったし、たった今おじちゃんの彼女からのも届いたし、なかなかの好成績だったのではないかしら♪
そのうち近所の男の子同士で張り合うようなことになるのかなぁ・・・。あとは兄弟同士もあるしね。
これも子どもの成長ぶりを見る良い機会でございました。

Merry Christmas!

ご心配下さった皆様、励ましのコメントありがとうございました。
おかげさまで、子ども2人はすっかり元気になりました。
アキは、2学期の終業式には間に合わなかったけれど、クリスマスにはばっちり良くなってました。
サス君も、心配していた水疱瘡の兆候も見られず、予防は成功に終わったようです。
年内にもう一度小児科に行って、予防接種を受けるかどうか、いつ受けたら良いかなど相談してこようと思います。
私も何とかインフルエンザをもらわずに済みました。母は強しですわ。
病気の子どもを両脇に寝かせて3晩くらい過ごしたので、
「これで移らなかったら私すごくない?」と旦那に聞いたら、
「キミは母親だから移らないよ」と軽く受け流された・・・。
そういうもんかいな・・・。
来年からはちゃんと予防接種も受けさせようと思いますが、それはそれで大変そうだ・・・。

さて、世の中すっかり年の瀬ですが、皆様クリスマスは楽しく過ごせましたでしょうか。
我が家は、私の両親+兄と2世帯で住んでいた上に、夏頃から私の姉も同居するようになったので、家族だけでも結構にぎやかな感じでしたが、今年は旦那が数人お客様を招待したので、思いがけず豪華なパーティになりました。
一応お客様がいらっしゃるというので、母と姉と私で食べ物の用意をして、プレゼントを用意して、簡単なダーツゲームを企画してその景品も用意して・・・。
私の家族だけだったらそこまでできなかったけど、母と姉の協力のおかげでそれなりにおもてなしすることができました。
初めて来て頂いた方ばかりだったけど、皆さん気さくでお互いにすぐ打ち解けていて、会話も弾んでいたようだし、子どもの相手も良くして下さって、本当に楽しいひとときでした。
パーティの終わり頃には、うちの兄も彼女を連れて帰ってきてくれました。初めて会いましたが、とってもかわいい人でしたよ。
この先カナダに引っ越したら、大勢を招いておもてなしするような機会も多くなるんだろうなぁ・・・。もともと旦那の家族はそういうのが好きな人ばかりなので、必然的にホスト側になりそうです。
少しずつ慣れていこうと思います。

パーティに先立って、家族の間でプレゼント交換をしました。
毎年のことだけど、本当にうちの子どもたちは「これでもか!」っていうくらいプレゼントをもらってましたわ。
アキは、デンカメンソード、バットマンのレゴ、Wiiのソフト(スーパーマリオギャラクシー)、パジャマ。
サス君は、プラレールのレールセットと新しい電車、クロックスの長靴、ピタゴラスイッチのDVD。
おそらくカナダの家族からもまだまだプレゼントが届くはずです。
プレゼントの数が問題なのではないけれど、自分のことを大切に思っている人たちがこんなにもたくさんいるんだということが少しでも子どもたちの心に響いてくれていればいいね。

とても楽しいクリスマスをどうもありがとう。

てんやわんや-現在進行形

先週から今週にかけてとんでもない毎日を送っております・・・。
いまだに続いてますが、自分を励ましたくて記事アップです。

まずは先週の火曜日。
私の実父がいつもの通り人工透析のため病院に行くと、父の体に帯状疱疹が出ているのを看護婦さんが偶然発見。
帯状疱疹は水疱瘡のウイルスと同じウイルスで起きるもの。幼少期にかかった水疱瘡のウイルスは、実は体内の神経節にずっと潜んでいて、免疫が落ちたり老齢によって再度増殖を始めて皮膚の表面に水疱を作ることで起きるのです。
つまり、水疱瘡の抗体を持っていない人が帯状疱疹の患者と接触すると、水疱瘡になるというわけ。
そんなわけで、水疱瘡の予防接種を受けていないうちのサス君は、ほぼ間違いなく水疱瘡に感染することが決定的となりました。
この話を聞かされたのが火曜日の夜。そこで、水曜日の午前中にでも小児科で相談してこようと思っていたのだけど・・・。

水曜日の朝、どうも旦那の様子がおかしい。
何でも、右耳の下あたりが痛むという。見ると確かに腫れている。
まさかおたふく? でも旦那は予防接種は一通りやっているはず・・・。まぁ、遠い昔のことだから、本当におたふくでもおかしくないけど・・・。
それとも、しばらく歯医者に通うのをさぼっていたから歯茎が炎症を起こしているのかしら? その可能性の方が高いかな~。
本人は「歯は痛くない」といって、取りあえずカナダの母に相談。旦那の母は看護婦をしていた人なので、こんなときには頼りになる。
彼女の意見は「普通の医者に行くべし」だった。
ところが、近所の内科の医者は水曜日が休診。他に内科は知らないので、急いで近くの内科を探して連れていった。
診察の結果は、なんらかの原因でリンパ節にばい菌が入り込んで炎症を起こしているとのこと。歯や耳ではなさそうだと言うので、抗生剤と消炎剤をもらって帰ってきた。
ところが、食事をして薬を飲んでしばらくしたら、腫れや痛みがひどくなり、熱も上がってきた。すでに食べるのも苦痛という状態。飲み込むのが辛いというより、噛んで唾液が出るだけで痛いらしい。
そこで、翌日もう一度受診しようということになったのだか、最初に診てもらった内科は木曜日が休診日。仕方なく、初めに行こうと思っていた内科に行って相談した。
診断はほぼ前日と変わらず、抗生剤が効いてばい菌がいなくなれば大丈夫だろうという。
仕方なく様子を見るということで帰宅したのだが、症状は少しも軽快しない。むしろ悪化してるような感じ。
そして金曜日、改めて2番目の内科医を訪ねたところ、即座に大きな病院の耳鼻科を紹介してもらうことになった。即日午前中に診てもらえるというので、(値上がりした)タクシーに乗り込んで病院へ向かう。
待つこと1時間以上。やっと診察してもらったのだが、すぐにはなんだか分からないらしい。耳下腺の炎症ではなさそうだというのだが、痛いし腫れてるしごはんは食べられないし・・・。血液検査をしてもらうことになって、結果が出るまでの間に点滴をしてもらった。
点滴のおかげでだいぶ楽になったみたいだけど、結局何がどうなっているのかはハッキリとはしないまま、新しい抗生剤と鎮痛剤をもらって帰ってきた。
この日は、最初に内科に行ったのが9時。10時過ぎに病院について、全部終わったのが2時半。それから昼ご飯を食べにいったのだけど、点滴で楽になったと思っていたのに、ごはんを一口食べたらあっという間に痛みがぶり返してほとんど食べられなかった。かわいそうな旦那・・・。
土日は本当は仕事が入っていたのだけど、無理矢理休みにしてもらって、自宅療養ということになった。
で、旦那の方が少し一息ついたので、お預けになっていたサス君の水疱瘡対策を相談するために、金曜日の夕方小児科を受診。(この日は病院を3件ハシゴしたことになる。)
すると、「帯状疱疹の患者と接触してから3日以内に予防接種をすれば効果があるが、3日はすでに経過しているのでこの方法は使えない。すると、帯状疱疹の患者と接触してから10日目から5日間、薬を服用するとある程度軽く済ませたり、うまくすればかからないで済む」という。かからないで済んでしまった場合は、改めて予防接種をするなりして免疫をつけることが可能らしい。そのまま感染させてしっかり免疫をつけさせるのも手だけれど、痕が残ったりするし、本人も辛い。
というわけで、10日目から薬を飲む方法を選択して処方してもらった。

やれやれ。これで旦那が良くなってくれればやっと一安心。
あとはサス君に飲ませる薬を忘れないようにしなくちゃ。
やっと私も健診に行かれるわ~。本当は今週中に行く予定だったのに、すっかり遅くなっちゃった。

な~んて思っていたのも束の間・・・。
月曜日、お隣のりゅうくんが熱を出して学校を休んだ。そして、午後になって話を聞いたら、な~んとインフルエンザだったというのだ。朝寝坊して起きてきたサス君も、昼頃から発熱。なんだか嫌な予感・・・。
折しもその前日の日曜日、たまたま外に出て遊んでいたうちの子どもたちに、りゅうくんが参加してきて、その後りゅうくんのお宅にお邪魔して遊んでいたのだ。
これはマズい! ということで、午後の診療時間に小児科へGO! 問題は、サス君の胸に奇妙な発疹がでていた点。果たしてインフルエンザなのか、それとも水疱瘡が早々と出てしまったのか!?
診察の結果は、発疹は水疱瘡のものではないので、インフルエンザの疑いが強い。そして検査したところ、見事にA型に陽性反応。
トホホホホ・・・。旦那もまだ完治していないっていうのに、子どもまで・・・。
そして、これはほぼ間違いなくアキにも移ると思っていた方がいい。予防接種してなかったし、アキもりゅうくんと遊んでいたし、やはり兄弟間で感染を防ぐのは無理難題。
そして今日火曜日。朝の時点ではアキは平熱。少し咳が出ていたけどまだ大丈夫だったので、普通に登校。でもマスク着用。
午後、帰宅してきたアキは、私の顔を見るなり半べそ状態。「体育の時間にマスクをなくしちゃった。ごめんなさい」というのだが、それが原因で泣いているのではないことは母親の私にはすぐにわかった。
熱を計ると案の定38.2度。ふたたび小児科へGO!
診察を待っている間にもみるみるうちにぐったりしていくアキ。
検査の結果は、症状が出て間もなかったせいで陰性だったのだけど、先生も私もインフルエンザに間違いないと思ったので、同じく薬を処方してもらった。

今、子ども2人一緒にベッドで寝てます。今日は私が付き添って、旦那を別の部屋に隔離しようと思ってます。
妊婦の私は・・・。大丈夫なんでしょうか・・・。お腹の子どもはどうなんでしょう・・・。
心配ですが、診察に行く暇もありません。明日は行かれるかな・・・。

ほんと、トホホです。何とかクリスマス前にはみんな元気になってもらわないと。
あ、まだサス君の水疱瘡の心配が残ってたんでした。はあ~。

頑張ります。今日はこれで寝ます。おやすみなさい。
Counter

無料カウンター
How old is Aki?

How old is Sask?

How old is Sena?
Blog Friends
Link

bnnr01.jpg
はじめての夏休み
1年生の夏休み

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。