スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイドショーな一日

今日はなんて盛りだくさんな一日だったんだろう。

阪神淡路大震災から11年。
宮崎勤被告への最高裁判決。
ライブドアの強制捜査。
耐震強度偽造マンション問題の証人喚問。
そして、私がサス君を産むために産気づいてから丸1年(笑)

一部では「ライブドアへの強制捜査」は、国民の関心を証人喚問からそらすための情報操作のためという報道も聞かれて、これまた「なんだかなぁ」って感じがした。

それはともかく、証人喚問は生中継で見たかったので、今日は家事もそっちのけで、昼ご飯を食べてサス君を寝かしたらすぐにNHKをつけた。
頭を使う仕事をしながらでは小嶋氏の一世一代の晴れ舞台(笑)も台無しになると思い、針仕事なんかをしながら傍聴体勢。

ふたを開けてみればまぁ、結果的に疑惑の上塗りというか・・・。
ほとんどの質問に対して発言拒否をくり返し、「何を言っても自分は不利」ということをこの上なく明快にアピールしていた。
政治家との癒着もべったりで、見ているこっちはただ苦笑するしかない。
折しも、大震災から11年という日に、あのつらい体験を教訓に地震に負けない建物を作っていこうという願いとは正反対のマンションを林立させた当事者を尋問しているのだから、なんとも言えない。

一方で、宮崎勤被告の死刑が確定した。
罪の意識はなく、事件を起こしたことについて後悔もしていないという。
遺族にしてみれば、反省してもらったところで何が変わるわけでもないし、死刑にしてもらったところで気持ちが晴れるわけでもない。
結果がどうであれ、納得できることなどありえないだろう。
それにしても、同じ人間なのに、何がどう違ってしまったのか。
なぜ「平気で人を殺せる」人間になってしまうのか。

人の犯す罪の多様性に驚かされる。
私腹を肥やすために他人を平気でだます人がいるかと思えば、何の躊躇もなく幼い命を奪う人がいる。
他者を犠牲にして自分の欲を満たすという点では共通しているのだけれど。

動物vs人間という構図でモノを語ることが多いが、人間もヒトという動物である。
ただ、ヒトは社会性を持った生き物だ。他者との関わりなしには生きていかれない。
他者との良好な関係を保つことが、みずからの存在を保証するためのカギになる。
それでもって、ヒトは知的な生き物だ。
ヒトにも他の動物と同じような原始的な欲求があって、それは食欲だったり睡眠欲だったり性欲だったりする。
ただ、ヒトは知的な分だけ複雑なヒト特有の複雑な高度な欲求がある。それが物欲だったり金銭欲だったり・・・。学習欲なんてのもあるかな。
それで、ヒトは、知性をもってみずからの欲求を抑制している。原始的な欲求でも、欲望のおもむくままに食べたり寝たりしているわけではなくて、社会的なルールに従って欲求を満たしている。

そんな中、他者を傷つける行為は、本来ヒトに備わった性質ではない。
「なぜ人を殺してはいけないのか」と言えば、私は「DNAにそう書いてある」のだと思う。
同種同族を傷つけることは、本来自然の摂理に反することなのだ。
他の生き物の場合、強いものが生き残るため、種の保存のためにオスどうしが戦う。結果的に、負けた方が死に至ることもあるわけだけど、初めから「殺すつもりで」戦うことは、たぶんないと思う。
けれでも、ヒトの場合、人を殺してしまう人が出てくるのはどうしてなのか。
だれでも起こしかねないことなんだろうか。

子どもを育てながらさまざまな事件を見る。
どんな犯罪者にも親がいる。
だれも自分の子どもが悪い人間になるように育てているわけではない。
親として何をしなければならないのか。
どうしたら、「満たされない欲求」を抑制する術を教えてあげられるのか。

まったくの余談だが、私の母は私が幼い頃、「この子は育て方を間違えるととんでもない犯罪者になる」と感じたことがあるそうだ。
幸い、母は育て方を間違えなかったようで、私はこれまで犯罪を犯すことなく現在に至る。
どう育てたら良いのか、正解はわからないし、これといって正解はないのかもしれない。子どもと日々向き合いながら、人として大切なことをきちんと伝えていきたいと思う。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

Counter

無料カウンター
How old is Aki?

How old is Sask?

How old is Sena?
Blog Friends
Link

bnnr01.jpg
はじめての夏休み
1年生の夏休み

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。