スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サス君特訓中

引っ越してきてから、サス君の寝かしつけは「ババ方式」が定着していた。
ババ方式は、直におんぶして子守唄を歌って寝かせるというもの。
おんぶするとわりとすんなりリラックスしてくれて、10分程度で眠ってくれる。おんぶは大変だけど、確実に早く寝てくれるので、しばらくはママもダディもこのやり方で寝かしていた。
でも、サス君はどんどん重くなってくるし、ババのおんぶでないと結構時間がかかるようになってきた。タイミングを逃すと1時間もおんぶするケースも出てきた。
そこで、ダディは決心した(笑) サス君はこれから「カナダ方式」で寝かせることにしよう。
「カナダ方式」というか、欧米では一般的だというのだが、子どもを寝かせるのにだっこやおんぶはしないらしい。そもそも、日本のように川の字で寝る習慣はなくて、もっと赤ちゃんの頃から、ベビーベッドに寝かせたら泣いても抱っこしないで、泣き疲れて寝るのを待つのだそうだ。ちょっと冷酷な感じがするし、乳児の頃からこのやり方をするのは私も賛成できないけど、サス君くらいまで大きくなっていればもう大丈夫だろう。
といっても、私はこのやり方を良く知らないので、最初の段階はダディが頑張ってくれた。
まずは、寝る時間になったらベッドから出てはいけないということを教える。ベッドから降りようとしたらすぐにベッドに戻す。あまり叱ったりしないで、「寝る時間だからベッドにいようね」という感じの声かけで、ひたすら降りたら戻すをくり返す。
と同時に、「寝る時間」というのが分かるように、いわゆる「就寝儀式」を取り入れる。うちでは本を1冊読むということ。ベッドに行って本を1冊読んだら、照明を暗くしてベッドに寝かせるのだ。
そのうちベッドから降りることがなくなったら、「おやすみなさい」と言ってその場を離れる。ここで泣いてもそばに行ったり抱っこしたりしてはいけない。せいぜい、離れたところから声をかける程度にして、静かになったら誉めてあげて、場合によっては静かになってからそばに行って背中をトントンしてあげる。泣いたらそばに来てくれる、と思ったらいつまでも泣くようになってしまうのだ。ここが親としてはいちばん苦しいところだろう。
泣くことは泣くけれど、ベッドから降りることはない、という段階まで来たら、後は泣き疲れて寝るまでひたすら我慢だ。
今日のところは、ママがいなくなるとしばらく泣いたけど、そのうち静かになっていつの間にか眠っていた。泣かずに眠れるようになるまではまだしばらくかかると思うが、ここで親が根負けしてはいけないのだとダディは言う。

思えば、アキのときにもこのやり方で寝かせようと試みたことがあったが、結局私が根負けして、寝付くまで添い寝をする習慣がずっと抜けなかった。6歳になった今でも、しばらくそばにいてやらないと眠れない。
そんな経験もあって、サス君はもう少し自分で就寝できるようにしていきたいのだ。

寝かしつけのやり方もいろいろあるし、この方法が正しいというわけではないけれど、うまく習慣づけられれば親も子も楽になると思うので、もう一息頑張ってみよう。
スポンサーサイト

comments

確か、保坂尚輝と高岡早紀もこのやり方で就寝させてなかったっけ?そんな事を聞いた記憶があるけど。
私もこのやり方にはかなり賛成派です。
今はナツもいるし部屋が足りてないのでイブ1人で寝かせられる場所がない・・・(汗)

ナツの時は割りとこのやり方で寝かせてたよ。
最初は辛かったけどやっぱり慣れてきたらすごく楽だったよ♪

すごいカナダ式e-271
あたしも挫折しちゃいそう・・・
でもこうやって寝てくれたらホントに楽だよねe-2
サス君がんばれ!!
うちも出来るかなぁ?試してみようかなぁe-284

ほぉ~~~。これは!楽だよ!絶対!
わたしさぁ、いつまでそばにいてやらにゃならんのだ・・・と最近(早!)思っていたよ(笑)実際、ウチの姪っ子がずっと妹といっしょの布団で寝る習慣だったからか7歳の今でもくそ暑い夏でもいっしょの布団で寝たがるんだってー。まぁ、一生そうではないと思うが(笑)でもそれも大変だなぁ・・って思ってたところだよ。
キアラ夫のやり方、私的にはいいと思うなっ。
ウチもやってみようかなぁ・・・

頑張れ!

親も頑張ってるけど、サスくんも頑張ってるねぇ。
うちはおんぶされ慣れてないから、逆におんぶは嫌がるよ。抱っこも昼寝の時だけで、夜はむしろ横にしないと寝ないわ。あとは適当に話しかけて真っ暗にすると寝る。でも私も寝ちゃう、最近(とほほ)。
「おやすみね」と言って、パタンとドアを閉められる様になったら、夜の自分の時間が格段に増えるよね!
でもさ、正直アキくんみたいな甘えん坊も、可愛いな、とか思わない?いやいや、そこがいかんのか?

がんば~

聞いたことある。この寝かしつけ!
そうやって寝てくれるようになったらいいよね~。
うちはまずおっぱいが・・・(-o-;

まおちゃんと同じくアキくんの甘えん坊もかわいいけどね~。
二人に挟まれて寝たらキアラちゃん暑そうだし(笑)(そういう問題か?)

泣く声を聞いたらツライだろうけど、すんなり寝てくれるようになったらサス君にとってもいいことだよね!
パパもママもサス君もp(´∇`)q ファイトォ~♪

最初が肝心ね!

わたしも聞いたことあったけど、カナダ方式だったのね。
うちは兄が小さい頃ベビーベッド&親が布団で、一緒に寝る習慣がなかったから、かなり小さい頃から一人寝でラクだったよ。きょーたんは添い寝が必要ですが・・・。
いつも思うけど、キアラ家は育児にポリシーを持ってるよね。ダンナ様も協力的だし。なんともうらやましい!!

カナダ方式か!私が昔買った子どもがよく寝る方法でもそんな感じの事書いてたよ♪
カナダやアメリカは一人で寝かせてるんだってね!
ほんと勝手に寝てくれたらすっごい助かるよね~。
根気が必要だろうけど、最後まで頑張ってね!!!

なるほど、まさに「本場」の方法だね。
私もちらっとは目にした事あるよ、この方法。
ダディとの協力体制がきちんと確立しているキアラちゃんちなら、
成功も夢じゃないかもよ!
でも鳴き声聞くと、辛いよね~。飛んで行きたくなっちゃう。
子供も親も、試練の時だ。
うちは転がすと勝手に寝ているよ。
たまに一人で置いてくと、これまた勝手に寝てる(笑)

コメントをどうぞ

あ、ごめん。上のは私です。

それで上手くいくなら万々歳だね。カナダ式。
その後どうかしら?また報告待ってるよ。

私の場合は沿い乳から添い寝になってくれただけでも
満足かなぁ。たぶん添い寝が長く続くだろうなぁ。
しかし育児っていうのは根気と慣れだよね。

お久しぶり~!乳飲ませながらコメントー(笑)

カナダ式、なるほどー。
その後どうかな?

うちはガーゼさえもたせれば勝手に寝てくれるわ。
ガーゼが落ち着きアイテムでさ、ガーゼもって指吸いながらっていうのがパターンだよ。

コメントありがとう

みなさま、お返事遅くなってごめんなさい。
その後は、まぁまぁ順調だと思います。サス君のほうは、そばにいてあげると逆に興奮しちゃって寝てくれなくなりました。その場を離れると少し泣くけど、何度か様子を見にいってあげたり、少し膝の上で抱っこしてあげたりすれば後は落ち着いて眠ってくれます。アキの方も、前ほど言い訳をつけながら起きていることはなくなりました。ずいぶん楽になったかな。まだ寝る時間が遅くって困るんだけどね~。

それにしても、寝付き方も子どもによって違うもんなんだね。すでにママがいなくても寝てくれる子もいるんだと知って驚きました。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Counter

無料カウンター
How old is Aki?

How old is Sask?

How old is Sena?
Blog Friends
Link

bnnr01.jpg
はじめての夏休み
1年生の夏休み

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。